衛生向上に高まる関心

新型コロナウイルスが猛威をふるっている今、人々の関心は如何にして対策を打つか、ということに集まっています。
対策方法の中でも「手洗い」は簡単に行える方法ということもあり、読者の皆様も手を洗う機会が多くなっていることと思います。

今回は「手洗い」に着目し、ハンドルに触れることなく自動で水が出る水栓(以下、自動水栓)について様々な観点から情報をお伝えします。
 
 
 

自動水栓とは

赤外線などのセンサーにより、自動的に開閉する機構を持つ水栓のことを自動水栓と呼びます。
自動水栓を使うことにより、他人が触れたハンドルに触れることなく、水栓の開閉ができるため、衛生的で安心です。
ただし、自動水栓をつける場合は、電気を水栓に供給する必要があります。
電気供給方法には「コンセント式」と「バッテリー/電池式」の二種類があります。設置場所の環境に適した選択が重要となります。
 
 

コンセント式について

コンセント式とは、家庭用電源コンセントを使用して電気を供給する水栓のことです。
そのため、使用するためには電源コンセントが水まわりに必要となります。

 
 

バッテリー/電池式について

バッテリー/電池式とは乾電池やバッテリーを使用して電気を供給する水栓のことです。
電源コンセントが不要なため、新たに電気工事を行う必要がありません。

 
 
 

メリットとデメリット

水栓によって機能は大きく異なります。購入の際は、メリットとデメリットを判断のうえ、商品を選択することが重要となります。

・自動水栓と手動水栓について

メリット デメリット
手動水栓 ・自動水栓より安価な商品が多い
・水量や温度の調整が容易
・体の一部が触れないと操作不可
自動水栓 ・手で水栓に触れることなく水を出せる
・水栓の締め忘れを防ぐことができる
・細かい水栓の開閉で節水効果がある
・ハンドルや蛇口が汚れにくい
・停電時に使用できない商品がある
・電源コンセントが必要な場合がある

・コンセント式とバッテリー/電池式について

メリット デメリット
コンセント式 ・電池交換が不要 ・電源コンセントが必要
・停電時に使用できない
バッテリー/電池式 ・コンセントが不要
・停電時でも使用可能
・水流発電式なら節電になる
・定期的に電池の取り換えが必要
 
 
 

自動水栓をお勧めできるシチュエーション

一言に自動水栓に取り換えるといっても、設置場所によって効果は大きく異なります。設置場所の検討は、水栓の選択と同じくらい重要です。
 
 

公共施設

公共施設では不特定多数の方が様々なものに触れるため、衛生面が気になる方も多いでしょう。
その中でも、自動水栓は施設利用者様に安心感を与え、かつ、菌が他人へ感染するリスクを低減させることができます。
他にも、自動で泡/液体石鹸が出るオートソープディスペンサーや、水が飛沫しない使い捨てのペーパータオルを利用することで、さらに衛生的な環境を築くことができるでしょう。

 
 

玄関/入口付近

帰宅後、手を洗わずにドアノブなどに触れると、菌が付着する危険性があります。
そのため、帰宅後すぐに手を洗える環境を用意することで、部屋をより衛生的な状態に保つことができます。

 
 
 

自動水栓の薦め

新型コロナウイルス感染をきっかけに、人々の衛生に対する意識は変わりました。
終息した後も、決してすべてのウイルスが消滅するわけではありません。
家や施設の中で、ウイルス対策を水まわりから対応することで、自分や人々に安心感を与えることができるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

facebook

twitter

line

pinterest